茅ヶ崎在住。 ルアーフィッシング中心。 初級者が綴る原則坊主の釣行記録です。
丘サーファー
03月15日
テーマ:準備/修理
前々回 https://tsuripedia.com/surfer/9182
前回 https://tsuripedia.com/surfer/9198

前回まで
コインケースに、シリコンコーキングとコーンスターチで作った粘土を詰め込み、マスタールアーを挟んでおきました。

今回はコインケースからマスタールアーを取り出して型を完成させます。

いきなり脇道へ

並行してフレームも作りました。

up_630_1489567759.jpg
一番上が今まで使ってきた、超硬ステンレスワイヤーで作ったフレーム。
下のは100円均一で買えるワイヤーで作ったもの。
曲げやすくて作業が捗ります。

up_630_1489567803.jpg
フレームの制作には木片に釘を打ち込んた型枠を使用してアイの位置が同じになるようにしてます。


では本題へ

コインケースを開いたらこんな感じ。
up_630_1489567883.jpg

粘土の作成タイミングが少しズレているからか、粘土同士はくっつかないようです。

up_630_1489567936.jpg
ヒノキで作ったマスタールアーにも粘土は付かずひと安心。
念のためコーンスターチを振ってくっつかないようにしてましたが、型は粉まみれだし、多過ぎたかな?


ここまでやってみて、シリコンコーキングとコーンスターチを混ぜて粘土状にする必要があるのか疑問に思えてきたので、新たに型を作ってみました。

こんな工程で進めます。

1.コインケースに直接シリコンコーキングを流し込む。
2.表面を爪楊枝で手早く均す。
up_630_1489568007.jpg

3.マスタールアーにコーンスターチを極薄くまぶしてシリコンコーキングに半分ほど押込む。
up_630_1489568087.jpg

4.30分程放置。

5.シリコンコーキングの表面が乾いてきたら、コーンスターチを極薄く塗る。
6.コインケースの蓋にシリコンコーキングを流し込む。
up_630_1489568129.jpg

7.軽く表面を均し、すぐに蓋を閉じる。
8.固まるのを待つ。
up_630_1489568161.jpg

9.コインケースを開き、マスタールアーを取り出す。
型の一体化を防ぐのと、マスタールアーの中心部を型の割れ目に合わせたいのですが、上手く行くといいなぁ

いざ!

up_630_1489568200.jpg

中が固まってねーよ!
しかもイマイチな場所から開いてるし!
( ´Д`)=3
もうちょっと放置しときます。


続き
https://tsuripedia.com/surfer/9285



過去記事

自作おゆまるルアーの製作
#001 https://tsuripedia.com/surfer/8594
#002 https://tsuripedia.com/surfer/8595
#003 https://tsuripedia.com/surfer/8618
#004 https://tsuripedia.com/surfer/8671

おゆまるでフロートリグの自作 https://tsuripedia.com/surfer/8903

コメント

{{commentList.length}} / {{commentCount}} 件
他 {{commentCount - commentList.length}} 件のコメント
  • {{comment.datetime_str}}
    もっと見る
読込中...
コメントはまだありません。
  • {{banner.title}}
TOP